興栄ファームのあらまし

興栄ファームは、西興部村の最初に法人化した牧場です。牧草とデントコーンを栽培する220haの広大な圃場を構え、搾乳牛750頭と育成牛850頭の計1600頭もの乳牛を飼養。敷地内にはバイオマスプラントも備えており、環境に優しい酪農を展開しています。

沿革

平成09年創業(2戸協業)
平成11年 4戸協業となる
平成15年 新搾乳施設取得
(300頭牛舎、15頭ダブルミルキングパーラー)
平成19年 生乳出荷3,000t達成
平成21年 TMRセンター利用開始
平成23年 専務古川彰が社長就任、社長の岩野健一が会長に就任
平成25年 搾乳牛舎取得(300頭)
平成26年 生乳出荷5,400t達成
平成27年 乾乳牛舎取得(150頭)
平成28年 バイオガス発電プラント取得
平成30年生乳出荷7,000t達成
令和01年乾乳牛舎取得

経営理念、行動指針

興栄ファームの仲間たち

会社概要

会社名興栄ファーム
所在地〒098-1424 北海道紋別郡西興部村奥興部479番地の1
代表取締役 古川 彰
設立平成9年8月
所有面積180ha
作付面積230ha
飼育頭数経産牛750頭、育成牛850頭
従業員数10名

>私たちは興栄ファームです

私たちは興栄ファームです

地域に根ざした酪農法人です。安全・安心をモットーに生乳を生産しております。私たちと連携し一緒に作り上げていきませんか。